性的指向など暴露する「アウティング」禁止の条例成立 三重

三重県が性的マイノリティーの人が安心して暮らせる社会をつくるために提案していた条例が、23日に県議会で可決され成立しました。条例には、性的指向などを他人が勝手に暴露するいわゆる「アウティング」の禁止などが都道府県条例として初めて盛り込まれました。

三重県は、性的マイノリティーの人への差別や偏見をなくし、安心して暮らせる社会をつくるための条例案を先月、県議会に提案していました。

条例案には、自分の性をどのように認識しているかを示す性の自認や、恋愛などがどういう対象に向かうかを示す性的指向を理由に差別的な扱いをしてはならないと明記されました。

さらに、性的指向や性の自認を表明する「カミングアウト」の強制と、本人の了解を得ずに他人が暴露する「アウティング」を、それぞれ禁止することが盛り込まれています。

県議会で23日に全会一致で可決して条例は成立しました。

三重県によりますと、アウティングの禁止などを盛り込んだ条例は都道府県では初めてだということです。

三重県の、この条例をめぐっては同性カップルなどをパートナーだと証明する「パートナーシップ制度」の導入が議論されていましたが、条例には盛り込まれず、別に要綱を設けて導入することになりました。

伊賀市の同性カップルは「ようやくスタート」

三重県議会の本会議にはすでに「パートナーシップ宣誓制度」を設けている、三重県伊賀市に移住している同性カップルが傍聴に訪れ、条例の成立を見守りました。

条例が可決されたあと、嶋田全宏さんは「性的マイノリティーがいる前提のまちづくりが、ようやくスタートすると本当にうれしく思っています」と話しました。

また、加納克典さんは「これがゴールではなくて、性的少数者が平等に誰もが自分らしく過ごせる状態に、一歩でも近づけるように進んでいきたい」と話していました。