ツイッター創業者が投稿の初ツイート競売 3億円余で落札

ツイッターの創業者、ジャック・ドーシーCEOが自身の最初の投稿を競売にかけたところ、日本円で3億円余りで落札されました。

競売サイトによりますと、ツイッターの創業者の1人ジャック・ドーシーCEOが15年前に行った初めての投稿が22日、291万ドル余り、日本円で3億1000万円余りで落札されました。

投稿は2006年3月21日に行われたもので「ちょうど今、自分のツイッターを開いている」という内容です。

落札したのはマレーシアに拠点を置くIT企業の経営者で、落札後、ツイッターに「人々は何年もあとにこのツイートの真の価値に気が付くだろう。モナリザの絵のように」と書き込みました。

一方、ドーシー氏は競売で得た利益をアフリカで貧困支援などを行う団体に寄付したということです。

インターネット上でやり取りされるデータはコピーなどが簡単にできますが、今回の投稿は、ビットコインなどの暗号資産に使われている「ブロックチェーン」と呼ばれる技術で管理され、コピーや改ざんができないとされる新たなデジタル資産の形で競売にかけられました。

最近は同じ手法でデジタルのアート作品などが落札される事例も出て注目を集める一方、デジタルのデータが高値で売買される状況に過熱感も指摘されています。