千葉 松戸 女児殺害 2審も無期懲役 保護者会元会長に 東京高裁

4年前、千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年生の女の子を殺害した罪に問われた保護者会の元会長に対し、2審の東京高等裁判所は、1審に続いて無期懲役を言い渡しました。

千葉県松戸市の小学校で、保護者会の会長だった澁谷恭正被告(49)は、平成29年、小学3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)を、殺害した罪に問われました。

1審では無期懲役が言い渡され双方が控訴し、2審では検察が引き続き死刑を求めたのに対し、弁護側は「令状もなくマンションの敷地内からタバコの吸い殻を押収し、DNAのサンプルを採取したのは違法で、被告は犯人ではない」と改めて無罪を主張しました。

23日の2審の判決で、東京高等裁判所の平木正洋裁判長は「吸い殻の押収は違法な捜索差し押さえで、厳しい非難に値する。しかし、実質的な権利侵害はなく、早期解決を強く求められていた重大事件であり、被告のDNAを入手する高度の必要性があったという事情が認められる」として、吸い殻を証拠として認めました。

そのうえで「計画性を認めることには合理的な疑いが残り、極刑がやむをえないとまでは言えない」として1審に続いて無期懲役を言い渡しました。