東京パラ聖火 相模原 障害者殺傷事件の施設で採取へ

全国各地で、元になる火を採取することになっている東京パラリンピックの聖火について、5年前、知的障害者施設で19人が殺害される事件が起きた相模原市では、あらゆる差別をなくし共生社会を実現していく決意を示すため、この施設で聖火の火を採取する方針を固めました。

東京パラリンピックの聖火は、ことし8月12日から全国各地で地域の特色をいかした方法で火を採取し、東京に集めたあと、8月24日の開会式で聖火台にともされる予定です。

このうち相模原市は、5年前の平成28年7月に入所者19人が殺害された知的障害者施設「津久井やまゆり園」で火を採取する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。

市は、共生社会の実現を目指すパラリンピックの理念に沿ってあらゆる差別をなくしていくという強い決意を世界に向けて発信したい考えです。

市は「津久井やまゆり園」を運営する法人などとこの方針について合意し、大会組織委員会に報告して最終的な調整を行っています。

「津久井やまゆり園」では、事件の現場となった建物の再建が進んでいて、市は火を採取する具体的な方法について、今後、犠牲者の遺族などの意向を踏まえて決めることにしています。

津久井やまゆり園の関係者は「パラリンピックが行われる夏は、園が新しくスタートする時期とも重なる。聖火が共生社会を改めて考えるきっかけになればうれしい」と話していました。