政治

脱炭素社会へ 全国の大学や研究機関の取り組みに期待 文科相

脱炭素社会の実現に向けて、全国のおよそ120の大学と研究機関の代表者がオンラインで意見を交わし、萩生田文部科学大臣は「地域の『知の拠点』として大学が多様な役割を果たすことが期待されている」と述べ、今後の取り組みに期待を示しました。
政府が2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすることを目指すなか、全国のおよそ120の大学と研究機関は、地域の人材育成や研究拠点として脱炭素社会の実現に向けて連携して取り組むことになり、23日代表者が参加してオンラインで意見を交わしました。

この中で、萩生田文部科学大臣は「地域の『知の拠点』として、大学が教育、研究、社会貢献という多様な役割を果たすことが期待されている。今後、大学の貢献力や発言・発信力を一層高めていくことを期待している」と述べました。

このあと会合では、脱炭素社会の実現に向けて、大学や研究機関、自治体などが連携を深めるため、ことし夏ごろをめどに新たな組織を設立することなどを盛り込んだ共同声明を採択しました。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。