“南シナ海 排他的経済水域に200隻超の中国船集結”フィリピン

フィリピン政府は中国と領有権を争う南シナ海の自国の排他的経済水域に3月上旬、200隻を超える中国漁船が集結していたと発表し、警戒を強めています。

フィリピン政府は3月7日、西部のパラワン島から西に300キロ余り離れた南シナ海のさんご礁の近くの海域で、およそ220隻の中国の漁船が停泊していたと21日、発表しました。

この海域はフィリピンの排他的経済水域で、沿岸警備隊が撮影した現場の写真には、クレーンのようなものを搭載した大型の漁船がいかりを下ろした状態で、列をなすように停泊する様子が確認できます。

フィリピン政府は声明の中で、「中国漁船は晴天にもかかわらず、漁業活動は行っておらず、夜間は白色灯をずっと点灯させていた」として、事実上の示威行為だという見方を示すとともに、中国軍の関与が疑われる集団「海上民兵」が関わっているとみて警戒を強めています。

南シナ海をめぐってアメリカのシンクタンクは、中国とフィリピンとの間で領有権争いが続く別の岩礁近くで、中国海警局の船がおととし12月から、合わせて287日間にわたり巡視活動を行うなど、中国側の活動が以前より活発になっていると指摘しています。

また、ことし1月には、中国が海上警備に当たる海警局に武器の使用を認める「海警法」を成立させたことにフィリピン側が抗議していて、フィリピンの政府関係者は、今回の動きは中国側がフィリピン側の出方を見極めようとしている可能性があると話しています。