千葉県知事選 元千葉市長の熊谷俊人氏が初当選 過去最多の得票

新人8人の争いとなった千葉県知事選挙は、元千葉市長の熊谷俊人氏が過去最多の140万票余りを獲得して自民党が推薦した候補らに圧勝しました。

千葉県知事選挙の結果です。

▽熊谷俊人、無所属・新。当選。140万9496票。

▽関政幸、無所属・新。38万4723票。

▽金光理恵、無所属・新。12万2932票。

▽皆川真一郎、無所属・新。2万256票。

▽平塚正幸、諸派・新。1万9372票。

▽加藤健一郎、無所属・新。1万5986票。

▽河合悠祐、諸派・新。1万5166票。

▽後藤輝樹、諸派・新。1万2150票。

千葉県知事選挙では過去最多となる140万票余りを獲得した元千葉市長の熊谷氏が、自民党が推薦した関氏らに圧勝し、初めての当選を果たしました。

全国で2番目に若い知事に

熊谷氏は43歳。

千葉市議会議員などを経て、平成21年に31歳で千葉市長に就任し当時としては、全国で最も若い市長となりました。

そして今回、3期目の途中に辞職して立候補しました。

特定の政党の推薦は受けず、「県民党」を掲げ、与野党双方から支援を受けて選挙戦を展開し、新型コロナウイルスのワクチン接種を速やかに進めることや県の危機管理体制の強化などを訴えました。

熊谷氏は「コロナ禍での県政のかじ取りの責任を重く受け止めている。緊急事態宣言が解除される中、オール千葉でコロナ対策に取り組み、乗り越えていきたい」と述べました。

投票率は38.99%

投票率は38.99%で、前回を7.81ポイント上回りました。

全国知事会によりますと、43歳の熊谷氏は、40歳の北海道の鈴木知事に次いで全国で2番目に若い知事になるということです。

加藤官房長官「コロナ対策で連携とっていきたい」

加藤官房長官は午前の記者会見で「熊谷新知事におかれては千葉市長としての経験も生かして新型コロナウイルス対策にも、引き続きしっかりと取り組んで頂けるものと承知している。今後ともリバウンド防止や医療提供体制の確保などよく連携をとっていきたい」と述べました。