スキージャンプ女子W杯 高梨沙羅が2位 表彰台最多まであと1回

スキージャンプ女子のワールドカップは個人の10戦目が行われ、エースの高梨沙羅選手は2位に入り、通算107回目の表彰台に立ちました。これで男女を通じて歴代最多となる通算108回の表彰台まであと1回に迫りました。

スキージャンプ女子のワールドカップは20日、ロシアでヒルサイズ97メートルのノーマルヒルで行われました。

日本勢は今シーズン3勝を挙げてここまで4試合連続の表彰台と好調の高梨選手をはじめ、5人が出場しました。

高梨選手は、雪が降る中、1回目で92メートル50をマークし、トップと6.9ポイント差の4位につけました。

2回目は雪が激しく降り視界が悪くなる中、95メートル50と飛距離を伸ばし、合計ポイント224.1で2位に入りました。

高梨選手は、これで通算107回目の表彰台で男女を通じて歴代最多となるフィンランドのヤンネ・アホネン氏の通算108回まであと1回に迫りました。

また、今シーズンの総合順位で2位に15ポイント差をつけてトップに立ちました。

高梨選手は「自分が目指す1番高い所に立つためにもミスは許されない。自分のスタイルや形を見つけることはできているので見直して次につなげたい」と話しました。

このほか日本勢は丸山希選手が6位、伊藤有希選手が8位、勢藤優花選手が19位でした。

一方、岩渕香里選手は、スーツの規定違反となって失格となりました。

優勝はオーストリアの19歳、マリタ・クラマー選手で今シーズン4勝目です。