“廃虚の女王「マヤカン」” 国の登録有形文化財に登録へ 神戸

昭和5年に神戸市の摩耶山の中腹に建てられた施設で、使われなくなって荒れ果てたあともその外観の美しさから全国のファンに「廃虚の女王」とも呼ばれている「旧摩耶観光ホテル」が国の登録有形文化財に登録されることになりました。

国の登録有形文化財に登録されるのは神戸市灘区にある「旧摩耶観光ホテル」です。

標高702メートルの摩耶山の南斜面の中腹昭和5年、企業の福利厚生施設として建てられました。

ケーブルカーの駅のそばにあり、神戸の街を一望できる立地から多くの人でにぎわい、戦後は結婚式会場やレストランを備えた観光ホテルや学生向けの合宿所として平成5年まで利用されてきました。
鉄筋コンクリート造りの地上2階、地下2階建ての建物は、それぞれの階にめぐらしたひさしが曲面を強調し舞台や洋室にはアールデコ調の意匠を凝らしていて、摩耶山がリゾート地として栄えた歴史をうかがい知ることができる点などが評価されました。

平成7年の阪神・淡路大震災で被害を受け、老朽化により荒れ果て廃虚となったあと映画のロケ地になるなど注目され、所有者と地元のNPOが連携しクラウドファンディングで資金を集めて防犯設備を導入するなど保存に向けた取り組みを行ってきました。

優美で神秘的なたたずまいから、全国のファンに「廃虚の女王」とも呼ばれ「マヤカン」の名前で親しまれて本やインターネットで紹介されたため魅了された人も少なくなく、地元の住民たちが開く周辺の見学ツアーには県外から訪れる人もいる人気のイベントとなっています。

「マチュピチュ思わせる “マヤカン”」 保存と活用の経緯

「旧摩耶観光ホテル」をめぐっては、平成27年から所有者と近代化遺産の記録や活用を推進する神戸市のNPO「Jーheritage」、歴史的な建造物の発掘や保存に取り組む神戸市のNPO「ひょうごヘリテージ機構H2O神戸」が建物の保存と安全な観光を図る活動を行ってきました。

そして、平成29年にはクラウドファンディングで700万円余りを集め、その資金をもとに建物の測量などの調査と、防犯や雨漏り対策などを行いました。
また、地元の住民などでつくる「摩耶山再生の会」は所有者の許可を得て平成29年から「旧摩耶観光ホテル」の周辺と、かつてあった寺院や茶屋の跡をめぐる「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」を開催し、県外からも参加者があるなど人気を集めています。

こうした地元での盛り上がりを受け、神戸市の外郭団体の「神戸観光局」が去年7月から公開している観光案内のサイトでも取り上げられました。

この「神戸で“海外旅行”」のサイトは新型コロナの影響で不要不急の外出の自粛が求められる中、神戸市内で見ることできる風景を世界の12の国や地域の観光地などに見立てて掲載し「神戸にいながら海外気分を味わってもらおう」と企画されました。
この中で「旧摩耶観光ホテル」は「自然の中で美しく朽ちていくその姿から廃虚の女王と呼ばれています。内部への立ち入りはできず、ツアーに参加することで目にすることができます。山の上の遺構をしのぶところがペルーのマチュピチュを思わせます」と紹介されています。

神戸市のNPO「空間的な価値は人間だけでは作れず」

神戸市のNPO「ひょうごヘリテージ機構H2O神戸」の理事で一級建築士の松原永季さんは「当時の最先端に近い意匠を備えた建物としての魅力があります。それと同時に経年変化の魅力を経て、背景の自然と一体化したような空間的な価値は人間だけでは作れません」と話しています。

そのうえで「今回、文化財としての意義が認められたので、より多くの人が保存の活動に参加していただけるきっかけになると思います」と強い期待感を示しました。

「国の登録有形文化財」制度 契機は阪神・淡路大震災

歴史的に貴重な建造物などを利用しながら保存していく国の「登録有形文化財」の制度は平成7年に発生した阪神・淡路大震災を1つのきっかけとして創設され、ことしの10月で25年になります。

登録の対象となるのは、建てられてから50年以上が経過し、地域に親しまれ時代の特色をよく表し再び作ることが難しい建造物のほか、絵画や工芸品なども含まれます。

登録されると外観が大きく変わるような工事をする場合は国への届け出が必要になりますが、建物を活用するために内部を改装する場合などは特に届け出は必要ありません。

そして、保存や修理に必要な費用の一部については国から支援を受けることができ、文化庁は「文化財として緩やかに守ることができる」と説明していて、これまでに全国で1万3000件近くが登録されています。

兵庫県内では神戸市の「兵庫県公館」や「神戸ポートタワー」などが登録されています。