岸防衛相 “北朝鮮 弾道ミサイル発射実験含め 警戒監視”

北朝鮮が近い将来ICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験を始めるかもしれないとアメリカ軍の司令官が指摘したことに関連し、岸防衛大臣は、あらゆる事態に対応できるよう警戒監視に万全を期す考えを強調しました。

アメリカ本土の防衛を担うバンハーク北方軍司令官は議会の公聴会に提出した書面で北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり「近い将来、改良したICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験を始めるかもしれない」と指摘しました。

岸防衛大臣は、閣議のあと記者団に対し「具体的な情報について答えは差し控えるが、各種の兆候の把握に努めている」と述べました。

そのうえで「弾道ミサイルの発射も含めてあらゆる事態に対応できるようアメリカ軍とも連携をしており、いかなる状況においても国民の生命・財産を守る態勢を取っていく」と述べ、引き続き、警戒監視に万全を期す考えを強調しました。