さい帯血移植 2万例超える コロナで骨髄移植が困難

へその緒などから採る「さい帯血」を白血病などの患者に移植する「さい帯血移植」の実施が、これまでの通算で全国で2万例を超えたことが分かりました。新型コロナウイルスの影響で骨髄移植が難しくなるなかで、希望する人が増え、去年1年間は過去、最も多かったということです。

さい帯血は、へその緒と胎盤に含まれる血液で、全国に6か所ある公的な「さい帯血バンク」と提携する97の医療機関で採取され、白血病などの患者に移植する治療に使われています。

日本赤十字社によりますと、さい帯血移植は日本では1997年に初めて行われ、17日で2万例を超えたことが分かりました。

白血病などの治療では主に骨髄移植が行われてきましたが、去年は新型コロナの影響で、医療機関を訪れて骨髄を提供してもらうことが難しくなっているため、保存されているさい帯血を使った移植を希望するケースが増え、さい帯血移植の件数は1年間で1496件と、過去最多になったということです。

一方、コロナ禍で出産数が減る傾向にあり、さい帯血を安定的に確保することが課題となっています。

愛知県瀬戸市にある「中部さい帯血バンク」の松本加代子採取推進部長は「さい帯血移植の成績は年々上がっていて、コロナの影響もあり、ますます重要性が高まると思う。採取する医療機関を増やして、さい帯血を確保していきたい」と話しています。