福岡男児餓死事件 知人の女 うその話でマインドコントロールか

福岡県篠栗町で、5歳の男の子に十分な食事を与えず餓死させたとして母親と知人の女が逮捕された事件。警察は、母親が知人の女にうその話で不安をあおられ、支配下に置かれていたとみていて専門家は「マインドコントロールの常とう手段だ」と指摘しています。警察によりますと、知人の女は容疑を否認しているということです。

福岡県篠栗町の碇利恵容疑者(39)と知人の赤堀恵美子容疑者(48)は、去年4月、5歳だった碇容疑者の三男の翔士郎くんに十分な食事を与えず餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されました。

これまでの警察の捜査で赤堀容疑者が、碇容疑者の一家を支配下に置いていた実態が明らかになってきました。

捜査関係者によりますと、赤堀容疑者は、碇容疑者の預金通帳を預かり、食費も与えず食料はみずから差し入れるなど、家庭の生活全般を管理し、子どもへの食事の制限などを指示していたということです。

翔士郎くんの体重が徐々に減り衰弱していく中、亡くなる5か月前から幼稚園に行かせないよう指示したのも赤堀容疑者だったということで、警察は、外部に異変を気付かれないようにしていたとみています。

警察は、碇容疑者が一切抵抗することなく赤堀容疑者の指示に従い、支配下に置かれていった背景について、精神的に思いのままに操る「マインドコントロール」があったとみています。

捜査関係者によりますと、赤堀容疑者は当初、子どもが同級生どうしの「ママ友」として碇容疑者と親交を深めていましたが、3年前、「ほかのママ友たちがあなたの悪口を言っている」といったうその話で周囲から孤立させたのが始まりだったということです。

その後も「幼稚園の保護者から裁判で訴えられた。暴力団と関係がある知り合いに仲裁してもらおう」とうその話を持ちかけて示談金名目で50万円を受け取り、問題を解決したように装ったということです。

知り合いとされた女性はNHKの取材に対し「暴力団とは関係ない。赤堀容疑者とは子どもが同じクラスで、名前を使われただけで何の関わりもない」と話しています。

また、赤堀容疑者は、碇容疑者に対し「夫が浮気をしている」とうその話で離婚を促して家族からも孤立させ「元夫との裁判や慰謝料で今後お金がいるので質素な生活をしなければならない」などと言って、食事を制限させていたということです。
翔士郎くんは、わずかな米を、一家でおかゆ状にして分け合い、およそ10日間、水だけを飲んで食事を与えられないような生活の末、衰弱していったということです。

それでも碇容疑者は赤堀容疑者に疑いを持たずに指示に従い続け、警察の捜査が入ってようやくだまされていたことに気付き、後悔の気持ちを強めていったということです。

犯罪心理学が専門の、東洋大学の桐生正幸教授は「不安感や恐怖心を与えておきながら、相手に対し、それを取り除くためには自分しかいないんだと思い込ませた。カルト宗教などが絡む事件ではよく使われる手法で、相手の不安感を高めるのはマインドコントロールの常とう手段だ。人間の弱い部分をつかれ、自分より力のある人間に対して盲目的に服従してしまい、人を信じる心が強い人ほどだまされやすい。問題が起きた時は、近所など周りのさまざまな人に意見を求めるなど、個人だけに頼らないことが重要だ」と指摘しています。

警察によりますと、碇容疑者は翔士郎くんを餓死させた容疑を認め、捜査が入ってようやく支配されていたことに気付き、後悔の気持ちを強めていったということです。一方、知人の赤堀容疑者は「碇容疑者の家庭の食事が十分でなかったので支援していただけだ」などと供述し、容疑を否認しているということです。

母親の元同僚の話

碇容疑者と同じ職場で働いていた男性は「素直でよい子だった。冗談を言って、うそを言ってもすぐに信じてしまうところがあった。正直すぎるからコントロールされやすいほうだろう」と話しています。

また、「困っているんだったら言ってほしかった。助けられる部分もあったと思う。第三者の介入は全く聞いていなかったが頼れる人間がいるんだったら頼るだろうと思う」と話していました。

翔士郎くんのいない卒園式

翔士郎くんが通っていた、篠栗町の町立幼稚園では、今月10日に卒園式が開かれました。

「おめでとう」の文字や折り紙でつくった飾りで、園児たちの卒園を祝う園内。

事件で犠牲にならなければ、翔士郎くんはこの場にいたはずでした。