東京オリ・パラ開閉会式統括責任者が不適切な演出案か

東京オリンピック・パラリンピックの開閉会式の統括責任者を務めるクリエーティブディレクターの佐々木宏さんが、女性タレントを豚に見立てる演出案を提案したと「文春オンライン」が報じ、大会組織委員会は事実関係を確認中としたうえで、「事実ならば不適切で大変遺憾。女性蔑視ととらえられる発言だ」としています。

東京大会の開会式と閉会式の統括責任者を務めるクリエーティブディレクターの佐々木さんについて「文春オンライン」は17日、佐々木さんが去年3月、大会の演出チームのSNS上のやり取りで、女性タレントを豚に見立てる演出案を提案し、メンバーの反対で撤回したとする記事を掲載しました。

これについて組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは、組織委員会が佐々木さんに事実関係を確認中としたうえで「記事の内容が事実ならば、不適切で、大変遺憾だ。女性蔑視ととらえられる発言で、ご本人をあざけるようにとらえられてもしかたないと思う」と説明しました。

組織委員会は確認を踏まえて、18日、橋本会長が記者会見するとしています。

組織委員会では先月、森前会長が女性蔑視と取れる発言の責任を取って辞任し、後任の橋本会長がジェンダーの平等などに取り組む推進チームを立ち上げて大会理念の「多様性と調和」の具体化を目指すとしています。

佐々木宏さんとは

佐々木宏さんは熊本県出身の66歳。日本のCM業界を代表するクリエーティブディレクターです。

父親が白い犬という家族を描いた携帯電話会社や、宇宙人が働く人を見てつぶやく飲料メーカーのコマーシャルなど「人を喜ばす。面白くてためになる」をテーマにした作品を数多く制作しています。

リオデジャネイロ大会の閉会式では、「キャプテン翼」や「ドラえもん」「マリオ」など世界で人気の日本の漫画やゲームのキャラクターが登場する旗の引継式の演出に携わりました。

2018年の7月から東京大会の開閉会式の演出チームにパラリンピックの開閉会式の責任者として加わり、狂言師の野村萬斎さんら6人のメンバーとともに演出と企画を担ってきましたが、去年12月、コロナ禍のもとで迅速に対応し簡素な式典を目指すために7人の演出チームが終了となり、佐々木さんが野村さんに代わって統括責任者となりました。

佐々木さんは、去年7月に国立競技場で行われた東京大会の1年前イベントの演出も担当していました。