タイガー・ウッズ 自動車事故から3週間ぶりに退院

先月、自動車事故で大けがをしたゴルフのタイガー・ウッズ選手が、事故から3週間ぶりに退院しました。

これはウッズ選手が16日、自身のツイッターで明らかにしました。

この中でウッズ選手は「自宅に戻り、回復を続けていることを報告できてうれしい。この数週間、あふれるほどのサポートと励ましを受けたことをとても感謝しています」とつづりました。

ウッズ選手は先月23日、アメリカ西部ロサンゼルスの近郊で自動車事故を起こし、右足を骨折するなどの大けがをして緊急手術を受け、およそ3週間入院が続いていました。

けがの程度や45歳という年齢から、長期の離脱は避けられないという見方が広まっていますが、その後のツアー大会で出場した選手が、そろって赤のシャツに黒のズボンというウッズ選手が最終日に決まって着用する服装でプレーするなど、ゴルフ界全体で早期の回復を願う声が続いています。

ウッズ選手は「これから自宅で回復に努め、毎日強くなろうと努力していく」と前向きなことばをつづってコメントを締めくくりました。