フェンシング国際大会 帰国した日本代表選手ら2人 コロナ陽性

ハンガリーで行われたフェンシングの国際大会から帰国した日本代表の選手とコーチの2人が、羽田空港で受けた新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されました。これ以外に選手3人がハンガリーを出国する際の検査で陽性と判定されていて、日本選手団の感染者は合わせて5人となりました。

今月14日までハンガリーで行われたフェンシングの国際大会には、東京オリンピックの出場権をかけて、日本代表の選手17人とスタッフ7人が参加しました。

そして、大会終了後に現地で行われた新型コロナウイルスの検査で選手3人が陽性と判定され、現地の隔離施設にとどまっています。

ほかの21人は現地の検査では陰性でしたが、16日帰国した際に羽田空港で受けた検査で、選手1人とコーチ1人が新たに陽性と判定されました。

2人は頭痛や微熱の症状があり、隔離施設に移されたということです。

このほかの選手やスタッフは全員が陰性でしたが、当面の間、自宅で自主隔離を行うということです。

フェンシングでは、今月下旬にかけてさらに2つの国際大会が行われる予定で、このうちロシアで行われる大会には、すでに選手団が現地に入っています。

また、カタールで行われる大会にも日本フェンシング協会は、現段階では予定どおり選手団を派遣することにしています。