プロ野球 西武 チケットを買った希望者 無料で抗体検査を実施

新型コロナウイルスの影響で大規模なイベントの観客数の制限が続く中、プロ野球 西武は、チケットを買った希望者に、感染歴などを調べる抗体検査を、事前に無料で行うと発表しました。プロ野球では初めての取り組みです。

西武は、医療関係のITベンチャー企業「アルム」と共同で、来月14日に本拠地のメットライフドームで行うソフトバンク戦で、新たな感染対策を行うと発表しました。

それによりますと、チケットを購入した人にはメールで案内が送られ、趣旨に同意すれば専用のアプリをダウンロードすることができます。

このアプリで試合の10日前から健康状態を記録するほか、感染歴など調べる抗体検査の検査キットが送られ、無料で検査を受けられるということです。

日々の体調の変化や抗体検査の結果によっては、PCR検査を受けることを勧め、陽性と判定された場合は入場できません。

西武などは、今回のプロ野球では初めての取り組みを通じて、体調不良を訴えた人や抗体検査で陽性者の割合などのデータを分析し、メットライフドームで行う試合や、ほかのイベントでの適切な感染症対策につなげたいとしています。

巨人も、来月25日に東京ドームで行う広島との試合を対象に、同様の取り組みを行うと発表しました。