遺伝情報変化起こす可能性の物質 限度超えて検出 製薬会社回収

アレルギー性の鼻炎などで子どもにも処方される治療薬から遺伝情報に変化を引き起こす可能性がある物質が許容の限度値を超えて検出されたとして製造・販売する製薬会社の「日本べーリンガーインゲルハイム」とジェネリック大手3社が自主回収すると発表しました。これまでに健康被害の情報は入っていないということです。

発表によりますと、自主回収の対象は、「日本べーリンガーインゲルハイム」が製造・販売するアレルギー性疾患治療剤の「アレジオンドライシロップ1%」です。

この薬は▽花粉症などのアレルギー性の鼻炎や▽じんましん、▽湿疹などの治療薬として子どもにも処方されていますが「日本べーリンガーインゲルハイム」が自主調査を行った結果、遺伝情報に変化を引き起こす可能性がある物質が許容の限度値を超えて検出されたということです。

この薬は日医工、沢井製薬、東和薬品のジェネリック医薬品メーカー大手3社も「エピナスチン塩酸塩DS小児用1%」などの製品名で製造・販売しています。

各社は薬の使用が一時的な健康被害の原因となる可能性があるなどとして15日から使用期限内の全製品の自主回収を始め、新規の出荷も停止するということです。

自主回収の対象は4社あわせると70万箱あまりにのぼります。

各社によりますとこれまでに健康被害の情報は入っていないということで、今後、原因などを調査し、厚生労働省に報告することにしています。

4社の問い合わせ先です。

▽日本べーリンガーインゲルハイムは
0800(222)6678、
土日祝日などを除いて午前9時~午後5時まで。

▽沢井製薬は
一般向けが0120(373)381、
医療関係者向けが0120(381)223で、
いずれ土日祝日などを除いて午前9時~午後5時まで。

▽東和薬品は
一般向けが0120(757)108、
土日祝日などを除いて午前9時~午後5時半まで。
医療関係者向けが0120(108)932で24時間受け付けています。

▽日医工は
一般向けが0120(039)215、
土日祝日などを除いて午前9時~午後5時まで。
医療関係者向けが0120(517)215で
土日祝日などを除いて午前8時半~午後6時半まで問い合わせを受け付けています。