囲碁 仲邑菫初段 二段昇段決定 12歳0か月 53年ぶり最年少記録

小学6年生の囲碁の最年少棋士、仲邑菫初段が、15日の対局に勝って12歳0か月で「二段」への昇段を決め、二段昇段の最年少記録を53年ぶりに更新しました。

囲碁の仲邑菫初段は、小学5年生だったおととし4月に史上最年少の10歳で棋士となり、プロ入り後も大会の予選を突破して「本戦」でも勝ち星を挙げるなど好調な成績を収めています。

仲邑初段は15日、東京の日本棋院で松原大成六段(48)との対局に勝ち、公式戦で自身初の10連勝を果たしました。

さらに、この対局に勝ったことで昇段条件の対象となる棋戦での勝ち数が「30」になり、規定を満たして「二段」への昇段を決めました。

日本棋院によりますと、仲邑初段は現在「12歳0か月」で、趙治勲名誉名人(64)が昭和43年に記録した二段昇段の最年少記録「12歳3か月」を53年ぶりに更新しました。

対局のあと仲邑さんは、二段昇段について「目標にしていたのでうれしいです。小学生のうちに二段になれてよかったです」と話し、趙名誉名人の記録を更新したことについては「尊敬している先生なのでうれしいです」と話していました。
仲邑さんは、この春の中学入学に合わせて、これまで過ごしていた大阪から家族と共に東京に引っ越していて、来月からは都内の中学校に通いながら棋士として対局に臨むことになります。

今後については「強くなれるように頑張りたいです」と意気込んでいました。