グラミー賞 小川慶太さんのグループが受賞 BTSは受賞逃す

アメリカ音楽界で最高の栄誉とされる「グラミー賞」の各賞が発表され、長崎県出身の打楽器奏者、小川慶太さんが参加しているグループの作品が最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞に選ばれました。

グラミー賞はアメリカの音楽界で最も権威がある賞とされていて、今回で63回目となります。

14日、カリフォルニア州のロサンゼルスで各賞が発表され、最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞には打楽器奏者、小川慶太さんが参加しているグループ、スナーキー・パピーの「ライブ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール」が選ばれました。

小川さんは4年前にも同じグループのメンバーとしてこの部門で受賞しています。
小川さんは長崎県佐世保市出身で現在はニューヨークを拠点にスナーキー・パピーをはじめさまざまなグループに参加しているほか、多くの国のアーティストとも共演しています。
一方、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞は、レディー・ガガさんとアリアナ・グランデさんが受賞し、注目されていた韓国の男性グループBTSは受賞を逃しました。

ことしのグラミー賞の発表は当初は1月に予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で今月に延期されました。

韓国・BTSの受賞ならず

ことしの「グラミー賞」で日本でも人気の高い韓国の男性グループBTSの受賞はなりませんでした。

ことしで63回目を迎えるグラミー賞では最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞に、韓国の男性グループBTSの「Dynamite」がノミネートされていました。

BTSが去年8月に発表した「Dynamite」は韓国の歌手による楽曲としては初めてアメリカの音楽チャート「ビルボード」のシングル部門で1位となりました。

このため受賞するかどうかが注目されていましたが、この部門で受賞したのはレディー・ガガさんとアリアナ・グランデさんでした。

BTSが韓国にとどまらずアメリカなどでも人気が出た理由について、アメリカで活動する音楽ライターのナタリー・モリンさんは「アメリカの音楽業界は長年にわたってラジオのDJやレコード会社のトップが独占的に力を握っていました。しかし、ソーシャルメディアの発達でその権力がいわば民主化され音楽を聴く人たちや若い人たちに渡ったのです。こうした中でBTSは早い段階からソーシャルメディアを通じて韓国だけにとどまらず、話す言語が異なる世界中のファンとの関係を築き成長したのです」と話しています。