和歌山 湯浅町で震度5弱 津波の心配なし

15日未明、和歌山県で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震のあとも体に揺れを感じる地震が続いていて、気象庁はしばらくの間は十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、15日午前0時25分、和歌山県北部を震源とする地震があり、和歌山県湯浅町で震度5弱の揺れを観測しました。

また、震度4の揺れを和歌山県の広川町、有田川町で観測したほか、震度3から1の揺れを近畿と東海、四国、中国地方の一部で観測しました。

この地震による津波はありませんでした。

気象庁の観測によりますと、震源地は和歌山県北部で震源の深さは4キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.6と推定されています。

この地震のあとも、和歌山県を震源とする地震が相次いでいます。

気象庁は「今後1週間程度は同じ程度の揺れを伴う地震が発生するおそれがある。特に今後2、3日程度は規模の大きな地震が発生することがあり、十分注意してほしい」と呼びかけています。

また和歌山県で震度5弱以上の地震を観測したのは、10年前の2011年7月5日に和歌山県北部を震源とするマグニチュード5.5の地震で、和歌山県広川町や日高川町で震度5強の揺れを観測して以来です。

「2秒ほど縦揺れ」

震度5弱の揺れを観測した和歌山県湯浅町は、和歌山市から南に20キロ余りの人口、およそ1万1700人の町です。

湯浅広川消防組合によりますと、午前0時45分現在、人的被害の情報は入っていないということです。引き続き、情報収集にあたっています。

湯浅町を管轄する湯浅警察署の警察官は「ドンという大きな縦揺れが2秒ほどありました。警察署の中では机から資料が落ちたりはしませんでした」と話していました。

また、湯浅町のコンビニエンスストアの店員は「揺れはグラグラと5秒くらい続いて、棚から商品の歯磨き粉が落ちるなどしましたが、そのほかの物が落ちることはありませんでした」と話していました。

官邸に情報連絡室

この地震で政府は午前0時27分に総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集と警戒にあたっています。

警察 被害の情報なし

和歌山県警察本部によりますと、午前1時半現在、地震による被害の状況は入っていないということです。

和歌山県の災害対策課によりますと、午前1時半現在、地震による被害の情報は入っていないということです。また県は、災害対策本部を設置する予定もないということです。

西日本高速道路によりますと、午前1時15分現在、和歌山県内の高速道路については、被害の情報は入っておらず、速度規制も行っていないということです。

携帯電話大手 通信設備への影響なし

携帯電話大手のNTTドコモとKDDI、ソフトバンクによりますと、この地震による通信設備への影響は15日午前1時の時点で確認されていないということです。

JR西日本と南海電鉄 始発から通常運行予定

和歌山県内に路線があるJR西日本と南海電鉄によりますと、午前1時現在、地震による被害の情報は入っていないということです。

いずれも、今のところ、始発から通常どおり運行する予定だということです。

専門家「数日間は同程度の地震のおそれ」

和歌山県で震度5弱の揺れを観測した地震について、防災科学技術研究所の平田直参与は「今回の地震は、陸の岩盤の内部の比較的浅いところで起きた。今回の震源地の付近はふだんから地震活動が活発な地域で、南海トラフ巨大地震とは、深さやメカニズムも違うものだ」としています。

そのうえで「震源が浅いため、今後も数日間は同じ程度の揺れを伴う地震が起きるおそれがある。固定していない家具やブロック塀が倒れたり、ガラスが割れたりする被害が起きるおそれがあるので、今回、揺れが強かった地域では家具を固定するなど、いま一度、備えができているか十分注意してほしい」としています。