出産件数に占める双子の割合 30年で30%増 英の研究チーム調査

イギリスの研究チームは、双子に関する世界規模の調査を行い、出産件数に占める双子の割合が1980年代からの30年間で、30%増えたと発表しました。医療の進歩によって、体外受精などによる出産が増えたことが、主な要因だとしています。

イギリス、オックスフォード大学の研究チームは、世界100以上の国と地域を対象に、1980年から85年までと2010年から15年までの出産件数に占める双子の割合を比較し、発表しました。

それによりますと、1980年代は、双子の出産が1000件当たり平均で9.1件だったのに対し、2010年代は12件に増え、30年間でおよそ30%増えたことが分かったということです。

地域別では、北米が71%の増加と最も増えているほか、ヨーロッパやアジアでも増加し、2010年代には世界全体で毎年およそ160万組の双子が生まれたとしています。

双子の出産が増えたことについて研究チームは、医療の進歩によって体外受精などの生殖補助医療が普及したことが主な要因だとしています。

研究チームを率いたオックスフォード大学の教授はロイター通信の取材に対し「医療の発達が先進国で双子の割合を押し上げ、世界中でかつてないほどの双子が誕生している」と話しています。