東京五輪はワクチン接種 前提としていない 組織委 橋本会長

IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長が東京大会と北京大会で希望する選手や関係者に中国製のワクチンを提供する考えがあることを明らかにしたことについて、大会組織委員会の橋本会長は12日の記者会見で東京大会の開催はワクチン接種を前提としていない考えを改めて示しました。

IOCの11日の総会で、バッハ会長は、東京大会と北京大会で希望する選手や関係者に対して中国製のワクチンを提供する考えがあることを明らかにしました。

これについて、組織委員会の橋本会長は、12日の記者会見で「中国側の申し出に対してIOCで取り組んでいくと理解しており、コメントする立場にはない。ワクチンを前提とはしていない東京大会なので、選手の健康を守るためのコロナ対策に全力で取り組んでいく状況に変わりはない」と述べ、東京大会の開催はワクチン接種を前提としていない考えを改めて示しました。

そのうえで「バッハ会長は、多くの人が接種をして日本に来ることで日本国民に安心と安全を提供できるのではないかというコメントをしている。そうした取り組みを進めていきたい気持ちが非常に強いのではないか」と述べました。

一方、IOC側から事前の調整がなかったことに関しては「私自身としては北京大会まで1年を切る中で、準備をしている中国にとっては非常に重要だということで、IOCと話を進めたのではないかと思っている」と述べました。