東日本大震災から10年 「震災関連死」認定は3775人に

東日本大震災から11日で10年です。長引く避難生活で体調が悪化して死亡する、いわゆる「震災関連死」に認定された人は、今月9日現在で3775人に上っています。

「震災関連死」は、長引く避難生活で持病が悪化したり、ストレスで体調を崩したりして死亡した場合に、自治体が設置する審査会が認定するもので、認められた場合には遺族に「災害弔慰金」が支払われます。

復興庁と各都県によりますと、震災の発生から今月9日までに「震災関連死」と認定されたのは、全国で3775人に上っています。

おととし以降、新たに36人が認定されました。

県別に見ると、
▽福島県が2320人と最も多く、
次いで、
▽宮城県が929人、
▽岩手県が470人、
▽茨城県が42人、
▽千葉県が4人、
▽神奈川県と長野県がそれぞれ3人、
▽山形県が2人、
▽埼玉県と東京都がそれぞれ1人となっています。

復興庁が去年9月末時点で取りまとめた3767人のうち、年齢別では、
▽66歳以上が3335人と全体のおよそ89%を占め、
▽21歳以上65歳以下は423人、
▽20歳以下は9人となっています。

亡くなった時期は、震災の発生から5年以内が3644人と、およそ97%に上っていますが、それ以降も123人が亡くなっています。

ほとんどが福島県となっていて、長期化する避難生活での疲労やストレスが健康状態に深刻な影響を及ぼしています。