栃木 足利 山火事の出火原因など調査 警察と消防が現場検証

先月発生した栃木県足利市の山火事の出火原因などを調べるため、8日警察と消防による現場検証が行われました。

先月21日に発生し、106ヘクタールの山林が焼けた足利市の山火事について、市は火をほぼ消し止めたとして今月1日に鎮圧を発表し、付近の305世帯に出していた避難勧告を解除しました。

ただ、その後も消防などが山中に残る火を消す作業を続けていますが、今も最終的な鎮火には至っていません。

こうした中、8日から警察と消防による現場検証が始まり、警察官などおよそ30人が午前9時すぎに登山道の入り口に集合してロープやスコップなどを持って現場に向かっていました。

警察によりますと、現場検証は午後1時ごろまでに終了し、火事で全焼した神社や、ハイキングコースに設置されたベンチの焼け方などについて確認したということです。

警察は今後も必要に応じて現場検証を行い、火元や出火原因を調べることにしています。