中国外相 海警法を正当化「特定の国を対象にしたものでない」

中国で海上警備にあたる海警局に武器の使用を認める法律が施行され、日本で懸念の声が出ていることについて、王毅外相は「特定の国を対象にしたものではなく日本を含む多くの国が類似の法律を制定している」と主張して、法律を正当化しました。

中国の王毅外相は北京で開かれている全人代=全国人民代表大会にあわせて7日、記者会見しました。

この中で王外相は、中国で先月、海警局の船に武器の使用を認める「海警法」が施行され、日本で懸念の声が出ていることについて「特定の国を対象にしたものではなく、国際法に完全に合致している。日本を含む多くの国が類似の法律を制定している」と主張し、法律を正当化しました。

そのうえで「協議を通じて海上の争いに対処し、武力による威嚇をしないことが中国政府の一貫した立場だ」と述べて理解を求めました。

また、東京オリンピックについて「中国と日本は、前後してオリンピックを開催することになっており、互いに支持し協力すべきだ」と述べました。

さらに、アメリカのバイデン政権が香港や新疆ウイグル自治区などをめぐって中国を厳しく追及する方針を示していることについて「われわれは根拠のない非難や核心的利益の侵害を決して許さない。長年、アメリカは民主や人権を掲げて他国の内政に干渉し、世界で多くのトラブルを起こしてきた」と述べ、反発しました。

一方で、新型コロナウイルス対策や経済の回復、気候変動などの分野では協力できるとして関係改善を呼びかけました。

アメリカのトランプ前政権が台湾との関係強化を進めてきたことについては、「われわれはどのような形の台湾独立の動きも覆す能力がある」としたうえで「アメリカの新政権には台湾問題の敏感さを十分に認識し、前政権のように一線を越えて火遊びをする危険なやり方を改め、台湾問題に慎重に対処するよう求める」と述べ、バイデン政権をけん制しました。

また、王外相は中国が主導する香港の選挙制度の変更について「愛国者が香港を統治することは一国二制度を推進し、香港の長期的な安定を保つために欠かせない」と強調しました。

王毅外相 南シナ海めぐりアメリカなどけん制

また、王毅外相は、中国が海洋進出を活発化させている南シナ海について、「アメリカなどの西側諸国は、南シナ海を混乱させようと、航行の自由を旗印として頻繁に騒ぎを起こしている。これらの国々の目的は、南シナ海の平和を破壊し、地域の安定をかき乱すことにある」と述べ、関与を強めるアメリカなどをけん制しました。

そのうえで、中国は、南シナ海をめぐって領有権争いのあるASEAN=東南アジア諸国連合の国々との関係について「互いの意見の違いを適切にコントロールする自信や能力、知恵を持っている」と述べ、アメリカなどがこの問題に関与しないよう重ねて求めました。

ミャンマーの混乱 事態の沈静化の早期実現求める

王毅外相は、ミャンマーで軍のクーデターに抗議するデモ隊に治安当局が発砲を繰り返し、市民に多数の死傷者が出ていることについて「それぞれの当事者が冷静さを保つよう望む」と述べたうえで、「当面の急務は新たな流血を招く衝突を食い止め、事態の沈静化を早期に実現することだ」と強調しました。

さらに王外相は、「中国はNLD=国民民主連盟を含む各党各派と長く友好関係を保ってきた」と述べ、軍と、アウン・サン・スー・チー氏が率いる政党の双方と友好関係を築いてきたとしたうえで「ミャンマー情勢がどのように変化しても中国が両国関係を推し進める決意が揺らぐことはない」と述べました。

中国製ワクチンの安全性と有効性強調

王毅外相は、中国製の新型コロナウイルスのワクチンについて、これまでに69の途上国に無償で提供しているほか、43か国に輸出したとしたうえで「中国のワクチンの安全性や有効性は、各国で広く認められている」と主張しました。

また、夏の東京オリンピックや来年冬の北京オリンピックを念頭に「IOC=国際オリンピック委員会と協力して、オリンピックに向けて準備している選手に対し、ワクチンを提供したい」と述べました。

一方、王外相は、中国が、途上国などにワクチンを提供することで影響力を強めようという、いわゆる「ワクチン外交」を展開しているのではないかという指摘について「ワクチンをめぐる協力を政治問題化しようとするいかなるたくらみにも抵抗する」と述べ、指摘はあたらないという考えを示しました。

さらに、王外相は、国境を越えた往来を活発化させるため、中国政府として、PCR検査の結果やワクチンの接種状況などを盛り込んだ旅行健康証明を発行することも明らかにしました。