フォルクスワーゲン 2030年までに欧州販売の7割を電気自動車に

ドイツの大手自動車メーカーフォルクスワーゲンは、2030年までにヨーロッパで販売する車の少なくとも7割を電気自動車にする計画を発表し、経営戦略の中心に据える姿勢を鮮明にしました。

フォルクスワーゲンは5日、グループの中核であるフォルクスワーゲンブランドで2030年までにヨーロッパで販売する車の少なくとも7割を電気自動車とする計画を打ち出しました。

これまでの目標を2倍に引き上げた形で、達成に向けて今後、新たな電気自動車を毎年1車種以上、市場に投入するとしています。

また、アメリカや中国で販売する車については2030年までに50%を電気自動車にすることを目指すとしています。

車の環境規制が強まるヨーロッパではすでにイギリスのジャガー・ランドローバーが2025年に「ジャガー」を電気自動車だけのブランドにするほか、スウェーデンのボルボ・カーが2030年までに販売する車をすべて電気自動車にすると発表しています。

こうした中でヨーロッパ最大手のフォルクスワーゲンも電気自動車へのシフトを加速させる戦略を示したことで、販売競争は激しさを増すことになります。