千葉県知事選 過去最多の8人が立候補 コロナ対策など論戦へ

千葉県知事選挙が告示され過去最多の8人が立候補し、12年ぶりに新人どうしの争いになりました。緊急事態宣言の延長が検討される中、新型コロナウイルス対策などをめぐって論戦が交わされる見通しです。

千葉県知事選挙に立候補したのは届け出順にいずれも新人で、
▽無所属で、千葉市の元市長、熊谷俊人氏(43)
▽諸派で、自営業の後藤輝樹氏(38)
▽無所属で、医師の加藤健一郎氏(71)
▽無所属で、共産党が推薦する党職員の金光理恵氏(57)
▽無所属で、元県立高校校長の皆川真一郎氏(66)
▽無所属で、自民党が推薦する元千葉県議会議員の関政幸氏(41)
▽諸派で、社会活動家の平塚正幸氏(39)
▽諸派で、イベント会社社長の河合悠祐氏(40)
以上の8人です。

現職の森田知事は、今期かぎりで退任することから、12年ぶりに新人どうしの争いになりました。

今回、自民党は関氏を、共産党は金光氏を推薦しています。熊谷氏は政党の推薦は受けず、自民・公明両党の一部の国会議員や、野党4党の地方組織が支援しています。

千葉県はじめ首都圏で緊急事態宣言の延長が検討される中、選挙戦では、新型コロナウイルス対策や地域経済の回復、おととしの台風や豪雨で被災した地域の復興などをめぐって論戦が交わされる見通しです。

千葉県知事選挙は、来週告示される千葉市長選挙とともに今月21日に投票が行われます。