NHK放送文化賞に「北大路欣也さん」「さだまさしさん」など7人

放送事業の発展や放送文化の向上に功績のあった人たちに贈られるNHK放送文化賞の今年度の受賞者に、俳優の北大路欣也さんやシンガーソングライターのさだまさしさんなど7人が選ばれました。

受賞が決まったのは次の方々です。

▽連続テレビ小説「ふたりっ子」や大河ドラマ「功名が辻」など幅広い題材のテレビドラマを手がけ、人間の奥深さやたくましさを力強く描いてきた脚本家の大石静さん(69)。
▽昭和43年の「竜馬がゆく」で主役を演じて以来、現在放送中の「青天を衝け」まで半世紀以上にわたって数々の大河ドラマに出演するなど、多彩な役柄を演じてきた俳優の北大路欣也さん(78)。
▽20年以上にわたって大相撲中継の解説を続け、横綱経験者ならではの技術解説のほか、相撲界の在り方についてきたんのないコメントをするご意見番としても存在感を示している。NHK大相撲中継専属解説者の北の富士勝昭さん(78)。
▽NHK紅白歌合戦に20回出場するなど音楽界の第一線で活躍し「今夜も生でさだまさし」では、軽妙な話術で視聴者に寄り添ってきたシンガーソングライターで小説家のさだまさしさん(68)。
▽昭和62年からラジオの「ビジネス英語」の講師を務め、生きた英語表現を丁寧な解説とともに紹介して、英語教育の底上げに貢献した昭和女子大学客員教授の杉田敏さん(77)。
▽音響研究の第一人者として人の聴覚の特性などを研究し、防災行政無線の聞こえ方の研究など災害時の安全にも貢献している、情報通信研究機構耐災害ICT研究センター、センター長の鈴木陽一さん(67)。
▽俳句ブームをけん引し、NHKでも「俳句王国」など、さまざまな番組に出演して独特の語り口で人気を博してきた、俳人でエッセイストの夏井いつきさん(63)。

以上の7人の方々が、今年度の放送文化賞に選ばれました。