東京五輪・パラ 海外観客受け入れ3月中に結論 5者会談で合意

東京オリンピック・パラリンピックに向けた大会組織委員会と東京都や政府、それにオリンピック、パラリンピックそれぞれの国際委員会の代表による会談が開かれ、焦点となっている海外からの観客受け入れについて3月中に結論を出すことで合意しました。そのうえで、観客数の上限については4月中に判断するということです。

会談には組織委員会の橋本会長と丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣が出席し、東京都の小池知事とIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長、それにIPC=国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長はオンラインで参加しました。

会談は冒頭以外は非公開でおよそ1時間半にわたって行われこの中で丸川大臣は「変異株もあり先が見通せない非常に厳しい状況の中で、海外からの観客受け入れについては慎重な判断が必要だ」と指摘したということです。

3日の会談では海外からの観客の受け入れについて3月中に結論を出し、観客数の上限は国内のプロスポーツの開催状況などを見ながら4月中に判断することで合意しました。

橋本会長“3月25日までに判断”

会談のあと橋本会長は、聖火リレーがスタートする3月25日までに判断したいという考えを示したうえで「海外からの観客の受け入れは国民の皆さんに安心安全が保たれているという実感がなければ難しい。国内外の新型コロナの感染状況や専門家の知見を踏まえて丁寧に検討していきたい」と述べました。

東京大会の海外からの観客の受け入れや観客数の上限をめぐっては、変異株を含めた国内外の新型コロナの感染状況や日本と海外の往来がどこまで許可されるかといった要因を考慮しながら、今後政府や組織委員会などが判断を迫られることになります。

橋本会長「現状を考えると国内国外ともに厳しい状況」

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は5者会談のあと取材に応じ、観客について「まず海外をどうするのか決めることがより安全安心につながっていくと思う。聖火リレーが始まるまでにしっかり決めていくことが必要だ」と述べ、聖火リレーが始まる3月25日までに海外から観客を受け入れるかどうか判断したいという考えを示しました。

そのうえで海外の観客を受け入れることは現実的かどうか問われ、橋本会長は「現状を考えると国内国外ともに厳しい状況であるのは確かだ」としたうえで「安心安全が保たれるのかということが最優先で、それが保たれなければやはり来る側もメンタル的にもつらいと思う。総合的に勘案しながら非常に丁寧に検討していくべき問題だ」と述べました。

また観客数の上限については「国内のスポーツイベントの上限に準ずることを基本として、専門家による科学的知見を総合的に勘案し、4月中に判断を行う」と述べ海外からの観客の受け入れとは時期をずらして判断することを明らかにしました。

丸川五輪相「いろんな選択肢がある」

丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣は、会談のあと、記者団に対し「外国からの観客について、変異株の影響が予測できない中、慎重な判断が必要だと申し上げた。結論には至らなかったが、今月中に判断を行うことになった。常にウイルスは変異を繰り返しているので、非常に厳しい状況にある。聖火リレーが今月25日に始まるので、その前に判断するということも考えなくてはいけないが、いろんな選択肢がある」と述べました。

また、丸川大臣は、観客数の上限については、来月中に判断することで合意したことを明らかにしたうえで「私たちは、何よりも国民の安全と安心を守らなくてはいけない立場にある。異論はなく、ご理解をいただけたと思う」と述べました。

小池知事「安全・安心な大会とコロナ対策」

東京オリンピック・パラリンピックに向けた5者会談のあと、小池知事は都庁で記者団に対し、「以前から『パラリンピックの成功なくして東京大会の成功はない』と申し上げてきた。その意味で、IOC=国際オリンピック委員会とIPC=国際パラリンピック委員会の会長と、日本側の3人の5者協議ができてよかった」と述べました。

そして、「安全・安心な大会とコロナ対策をしっかりするということが2つの大きな課題だ」と述べました。

そのうえで、会談では、海外からの観客は今月中に、観客の規模については来月中に決める必要があるという認識が示されたとしたうえで、「時間も限られているので、決めるべきは適切な時期に決めていくことで意識を共有した。IOCやIPC、そして日本側の3者で連携して進めていくという心合わせができてよかった」と述べました。

また、記者団が「政府が海外からの観客の受け入れを見送る方向で調整しているという報道があるが」と質問したのに対し、小池知事は「その報道はよく承知していないし、きょうのやり取りではそういうことはなかった」と述べました。