意識調査 “男性が優遇”と回答 男性54% 女性75% 男女で開き

社会全体で男女が平等になっているかを聞いた民間の調査で「男性のほうが優遇されている」と回答した人は男性が54%だったのに対し、女性は20ポイント以上高い75%にのぼり、男女の間で意識に大きな開きがあることがわかりました。

この調査は電通総研が先月、全国の18歳から79歳までの男女3000人を対象に行いました。

それによりますと「社会全体で男女が平等になっているか」を尋ねたところ「男性が優遇されている」と「どちらかというと優遇されている」と答えた人は、男性で54.1%だったのに対し、女性は20ポイント以上高い75%に達し、男女の間で意識に大きな開きが見られました。

また、
▽「企業の管理職の女性の比率が30%になるのは何年後か」という問いに対しては、回答の平均が24.7年後。
▽「女性の総理大臣が誕生するのが何年後か」という問いでは27.9年後となりました。

一方で、
▽「男女の平等に向けて真剣に取り組むべきと思うか」という問いに対しては、「そう思う」と答えた人と「ややそう思う」と答えた人は78.4%に達しました。

電通総研は「男女の違いによる格差を実感する人の姿が明らかになった」としたうえで「平等に向けて取り組む機運は、世代を超えて高まっている」として、格差の解消に向けた取り組みが求められているとしています。