沖縄 県立高校で卒業式 感染拡大防止のため “手話で合唱”

沖縄県のほとんどの県立高校で1日、卒業式が開かれ、およそ1万3000人が学びやをあとにしました。那覇市の高校では感染拡大防止のため、卒業生が歌を合唱せず手話で表現しました。

那覇市の真和志高校の卒業式は、卒業生134人やその保護者、教職員などが出席して開かれました。

まず、城間敏生校長が一人一人に卒業証書を手渡したあと、「新型コロナウイルスの拡大で当たり前の日常が変わりましたが、この時代の大きな変化に恐れず、侮らず、しっかりと受け止めて世界の先端を走ってほしい」と、はなむけのことばを贈りました。

学校では例年、卒業生が歌を披露しますが、合唱ができないため、ことしは全国大会で活躍する手話部の指導を受けて1か月半練習した手話を使ってGReeeeNの『※遙か』を披露し、保護者から拍手が送られていました。

式のあと卒業生の1人は「在校生もなく、花道もなく少し寂しく感じましたが、一生懸命練習した手話で歌を一致団結して披露できてよかったと思います」と話していました。

県教育委員会によりますと、県立高校ではおよそ1万3000人が卒業したということです。

※「遙」しんにょうの点は1つで、中は「揺」のつくりと同じ。