ホンダ ヤマハ 電池の開発で連携 オートバイの電動化を見据え

車の電動化が世界で急速に進む中、オートバイの電動化を見据え、日本のホンダとヤマハ発動機、それにヨーロッパのオートバイメーカーが電池の開発で連携することになりました。

オートバイをつくるホンダとヤマハ発動機、オーストリアの「KTM」イタリアの「Piaggio」の4社は、電動バイクの普及に向けて連携することになりました。

4社で共通の小型の電池をつくり、それぞれが開発する電動バイクに搭載できるようにします。

4社では、道路沿いにスタンドなどを整備し、電池が空になるたびに充電済みの電池と交換して、オートバイの運転を続けられるような仕組みを考えています。

ことし5月に電池の設計などを検討する組織を設立し、電池のコストを下げたり、1回の充電で走れる距離を伸ばしたりしたいとしています。

車の電動化が世界で加速する中、4社は、オートバイの電動化を見据えて手を組み、今後ほかのメーカーにも参加を呼びかけていくことにしています。

ホンダは「とくにヨーロッパで電動化の取り組みが加速し、電動バイクの普及も期待されている。各社と、切さたく磨しながら協力できる部分は協力していきたい」と話しています。