JR神戸線元町駅 電車と接触 男性死亡 乗客1人大けが

26日午前、神戸市にあるJR神戸線の元町駅で、男性が駅を通過しようとしていた新快速電車と接触し、先頭車両のフロントガラスを突き破って車内に入り込みました。男性は死亡し、乗客1人が大けがをしました。

26日午前8時半前、神戸市中央区のJR神戸線の元町駅で、駅を通過しようとした下りの新快速電車が男性と接触しました。

警察によりますと、男性は先頭車両のフロントガラスを突き破って車内に入り込んだということで、ぶつかった40代の乗客の男性が左腕の骨を折るなどの大けがをしました。

また、乗客2人が体調不良を訴えたほか、消防によりますと、ほかにも1人が顔に軽いけがをして手当てを受けたということです。

当時は通勤時間帯で新快速電車にはおよそ550人が乗っていて、乗客によりますと、車内には立っている人もいたということです。

警察によりますと、電車と接触したのは神戸市内の42歳の会社員の男性で、その後、死亡が確認されました。

警察は駅の防犯カメラの映像などから、男性がホームから電車に飛び込んだとみて現場の詳しい状況を調べています。

新快速電車は事故のおよそ1時間半後に元町駅に戻り、乗客を降ろしました。

この影響でJRはおよそ2時間半にわたり、神戸線と京都線の京都と姫路の間で運転を見合わせ、合わせて3万8500人に影響が出ました。

先頭車両の男性「人が飛び込んできて車内にいた人にぶつかった」

先頭車両に乗っていた50代の男性は「元町駅を通過する際、ホームから人が飛び込んできた。電車のフロントガラスを割り、さらに客席との間の扉のガラスも割って、車内にいた人にぶつかった。飛び込んできた人もぶつかった人もどちらも会社員のような格好をした男性だった」と話していました。

先頭車両の女性「車両の後ろのほうにも血を流している人」

先頭車両に乗っていた、20代の女性は「電車にぶつかった人が運転席のガラスを突き破って車内に入ってきました。大けがをしている様子でした。乗っていた車両の後ろのほうにも血を流している人が2人いて、救急隊員が乗り込んでくるなど緊迫していました」と話していました。

JR神戸線と京都線 新快速と特急 運転再開

JR神戸線で午前8時半ごろに発生した人身事故の影響で、神戸線と京都線の新快速と特急は、京都駅から姫路駅の間の下り線で運転を見合わせていましたが、午前11時6分に運転を再開しました。