中国 習主席 農村部の貧困層なくす目標を達成したと宣言

中国の習近平国家主席は、ことし7月で中国共産党の創立100年となるのを前に、国の最重要課題の1つに掲げる、農村部の貧困層をなくすという目標を達成したと宣言し、みずからの求心力を高めるねらいがあるとみられます。

中国では経済発展に伴う貧富の格差が大きな問題となっていて、習近平指導部は、農村部で所得などが一定の水準に満たない層を「貧困人口」と位置づけ、2012年末の時点で1億人近くに上っていたとするこの層の人口を、ゼロにする目標を掲げてきました。

これについて習近平国家主席は25日、北京で開かれた貧困対策での功労者を表彰する式典で「中国共産党が創立100年を迎える重要な時期に、わが国は貧困脱却の闘いに全面的に勝利した」と述べ、目標を達成したと宣言しました。

一方で「都市と農村の発展格差を縮小し、すべての人々の豊かさを実現するには、まだ道は遠い」と述べ、経済的な格差の問題は依然残っていると認め、引き続き対策に取り組む姿勢を強調しました。

習主席としては、ことし7月で中国共産党の創立100年となるのを前に、実績をアピールすることで、一党支配の正統性を主張するとともに、みずからの求心力を高めるねらいがあるとみられます。