宮崎 都城の養鶏場で鳥インフルエンザウイルス検出 県内12例目

24日、宮崎県都城市の養鶏場で複数のニワトリが死んでいるのが見つかり、遺伝子検査を行った結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されました。去年11月以降、全国の養鶏場などで確認された鳥インフルエンザはこれで51例目、宮崎県内では12例目です。

宮崎県によりますと、24日午前、都城市の養鶏場で、86羽のニワトリが死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

県では、25日午前7時すぎから、この養鶏場のニワトリおよそ3万9000羽の処分を進めています。

県によりますと「移動制限」や「搬出制限」の対象となる半径10キロ以内には養鶏場が117か所あり、およそ410万羽のニワトリが飼育されているということです。

宮崎県は「渡り鳥のシーズンは4月ごろまで続くので、鶏舎の点検や消毒を改めて徹底してほしい」と呼びかけています。

去年11月以降、全国の養鶏場などで確認された鳥インフルエンザはこれで51例目、宮崎県内では12例目となりました。