エクアドル 複数の刑務所で犯罪組織どうしの抗争発生 79人死亡

南米のエクアドルの複数の刑務所で犯罪組織どうしの抗争が同時に発生し、受刑者少なくとも79人が死亡しました。地元の警察は、服役している犯罪組織のメンバーが、対立する組織の幹部の殺害を計画したのをきっかけに大規模な抗争に発展したとみて調べています。

地元の警察によりますと、南米のエクアドルで23日、西部のグアヤキルなど4か所の刑務所で、服役中の複数の犯罪組織のメンバーによる抗争が同時に発生しました。

この抗争で少なくともこれまでに受刑者79人が死亡したほか、警察官を含む数人のけが人が出ているということです。

刑務所内からは大量の拳銃やナイフなどの武器が見つかっていて、警察は、犯罪組織が刑務所内での主導権を確保するために対立する組織の幹部の殺害を計画し、これをきっかけに大規模な抗争に発展したとみて調べています。

エクアドルでは、刑務所に4万人近い犯罪組織のメンバーが服役していて、地元メディアによりますと一部の刑務所では、犯罪組織が職員を買収するなどして刑務所を事実上管理下においているケースもみられるということです。