栃木 足利の山火事 発生から4日 鎮火の見通しは立たず

栃木県足利市の山火事は発生から4日がたちますが、延焼が続いています。空気が乾燥していて消火活動は難航し、鎮火の見通しは立っていないということで、市は引き続き合わせて207世帯に避難勧告を出しています。

栃木県によりますと今月21日に足利市西宮町で発生した山火事は延焼が続いていて、24日の時点でおよそ76.5ヘクタールが焼けさらに燃え広がっているということです。

25日も自衛隊が上空からヘリコプターで消火活動を続け、地上からは消防が放水を行っていますが、空気が乾燥していて消火活動は難航し、鎮火の見通しは立っていないということです。

足利市は住宅地への延焼のおそれがあるとして、これまでに市内の合わせて207世帯に避難勧告を出していて、市内の3か所に設けられた避難所には、25日午前8時の時点で合わせて9世帯15人が避難しているということです。

また東日本高速道路によりますと、現場近くを走る北関東自動車道は、24日夜から一部区間で通行止めが続いています。

市によりますとこれまでに火事によるけが人はいませんが、山中にある木造の神社の建物が全焼したということです。自衛隊などが消火活動を急いでいます。

住民「火がすぐ近くに」

山火事が発生している現場の北側にある足利市大岩町の一部では、55世帯に避難勧告が出されています。

25日午前9時半ごろには、地区内にある住宅のおよそ200メートル先の山の斜面から白い煙が立ち上っているのが確認され、延焼に伴ってパチパチという音も響き、住民たちが心配そうに見守っていました。

上空では自衛隊のヘリコプターが山の斜面に向かって放水し、地上では消火活動を行うために複数の消防車両が駆けつけていました。

近くに住む男性は「火がすぐ近くに見えて夜は真っ赤だった。自分たちではどうしようもないので、消防の皆さんに頑張ってもらうしかない」と話していました。

この地区に実家がある女性は「煙が出ている場所のすぐ横にある実家のことが気になって見に来ました。心配でしかたがないです。早く火がおさまることを願っています」と話していました。

足利市に災害救助法適用

栃木県は足利市の山火事が強風の影響でさらに延焼し、住民が被害を受けるおそれがあるとして、足利市に災害救助法を適用することを決めました。

災害救助法が適用されると避難所の運営などにかかる費用について、国と県から財政支援を受けることができます。

北関東自動車道 一部で通行止め

東日本高速道路によりますと栃木県足利市の山火事の影響で、北関東自動車道は足利インターチェンジと群馬県の太田桐生インターチェンジの間の東行きと西行きで、24日夜から通行止めが続いています。

このうち足利インターチェンジの入り口には誘導員2人が立ち、高速道路に入ろうとする車を1台ずつ止めて、ドライバーに行き先を確認したうえで、群馬県太田市方面に向かう車には、引き返してもらっていました。

加藤官房長官「安全確保へ早めの行動を」

加藤官房長官は、午前の記者会見で「これまでのところ人的被害や人家への被害は報告されていない。現在、地元消防が近隣自治体の応援も得て、消火活動を続けている。また、空からの消火活動については、陸上自衛隊が災害派遣要請を受けて部隊を派遣しており、本日も8機態勢での活動が続いているところだ。これに加えて、近隣県を含めた自治体の防災ヘリ5機態勢で別途、消火が行われている」と述べました。

そして「政府としては、引き続き関係省庁による情報収集に努めるとともに、地元自治体とも緊密に連携を図り、必要な支援を行っていきたい。消火に要する期間は現時点で見通せていない。足利市周辺に住んでいる皆様には、自治体の避難情報に十分注意するなど、安全確保を最優先に早め早めの行動をとってほしい」と述べました。