東京 青梅の火災 午後4時半前に鎮火 9万平方メートル超が焼失

23日に東京 青梅市で住宅など2棟が全焼し、山林にも燃え広がった火災は丸一日以上がたった24日午後4時半前に消し止められました。東京消防庁によりますと、およそ9万5000平方メートルの山林が焼けたということです。

23日午後1時20分ごろ、青梅市沢井の住宅付近から火が出て、木造2階建ての住宅と空き家の2棟が全焼したほか、現場から300メートルほど離れた寺や山林などでも火が出ました。

このうち建物の火は消し止められましたが、山林の火災については24日も消防のほか、陸上自衛隊のヘリコプターも加わって消火活動が続いていました。

その結果、丸一日以上がたった午後4時20分ごろに火は消し止められたということです。

東京消防庁によりますと、この火災でおよそ9万5000平方メートルの山林が焼けたということです。

警視庁によりますと、当時、全焼した住宅に住む男性が庭でたき火をしていて、この男性は「水で火を消したあと、いったん家の中に入ったが、しばらくするとバチバチという音がして火事に気付いた」と話しているということです。

警視庁は、消しきれなかった火が強風にあおられて周囲に広がった可能性があるとみて、原因を詳しく調べています。

この山林火災で東京都は24日午前2時に自衛隊に災害派遣を要請しましたが、鎮火したことから、午後5時14分に自衛隊に対して撤収を要請しました。

専門家「『飛び火警戒』再認識を」

東京 青梅市での火災について火災のメカニズムに詳しい東京理科大学の関澤愛 教授は、延焼が拡大した背景に「飛び火」の存在があるとしたうえで、「風が強ければ燃え残ったものが数百メートル先まで飛ぶことはよくあることで、新潟県糸魚川市で平成28年に起きた大規模火災でも、飛び火が数百メートル離れた場所に落ち延焼につながった。また、今回の火災で延焼した先の寺の屋根は、かやぶきだった可能性があり、飛び火による延焼が起きやすかったと考えられる」と指摘しました。

そのうえで「飛び火は、乾燥と強風の2つの条件がそろうと起きやすく、今がその時期だ。『飛び火警戒』ということばを再認識してもらいたい。近くで火災が起きた場合には、風下側ではあらかじめホースを準備しておいたり、屋根に飛び火が落下していないか見回ったりする対策が重要だ」と話していました。