“山田内閣広報官は総務省処分踏まえ対応” 接待問題 官房長官

総務省の幹部らが衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男などから接待を受けていた問題で、加藤官房長官は、総務審議官時代に飲食の接待を受けていた山田真貴子・内閣広報官について、総務省幹部らへの処分内容などを踏まえて対応する考えを示しました。

総務省の幹部らが衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男などから倫理規程に違反する接待を受けていた問題で、山田真貴子・内閣広報官は、総務審議官時代に1回で1人当たり7万円を超える飲食の接待を受けていました。

これについて加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で、山田氏が24日朝、杉田官房副長官に会食の参加者や経緯などを報告したことを明らかにし「山田氏は国会において、大きな問題として取り上げられ、国民の疑念を招く事態となっていることを重く受け止め、その責任を痛感しているということだ」と述べました。

そのうえで「今後の対応については、他の関係者に関する国家公務員倫理審査会の結果などを踏まえ対応していく」と述べ、総務省幹部らへの処分内容などを踏まえて対応する考えを示しました。