米バイデン大統領 初のオンライン形式での首脳会談

アメリカのバイデン大統領はカナダのトルドー首相とオンライン形式で首脳会談を行い、新型コロナウイルスや気候変動への対策で連携していくことを確認しました。

バイデン大統領は23日、カナダのトルドー首相と初めてオンライン形式で首脳会談を行い、会談の冒頭「私たちは共通の価値観を守っていく責任を認識している」と述べました。

これに対し、トルドー首相は「一緒に仕事ができるのを楽しみにしている」と応じました。

会談後の記者会見でバイデン大統領は、新型コロナウイルス対策で連携していくことに加え、気候変動対策では首脳級のほかに閣僚級の会合も開催するなどして対応していくことを確認したと明らかにしました。

また、中国政府が国家の機密を探った罪などでカナダ人2人を拘束している問題について、バイデン大統領は「カナダとアメリカは普遍的な権利を踏みにじる行為にともに立ち向かう」と述べて、中国をけん制しました。

首脳会談は、オンラインで顔が見える形で開かれ、通常の首脳会談のように冒頭の撮影が許可されたほか、両首脳による会談後の記者会見も行われるなどコロナ禍での新たな形式で行われました。

感染拡大が収まらない中で、今後の首脳会談もこうした形式で行われるかどうかにも各国の関心が集まりそうです。