愛知署名問題 告発受け警察が署名簿の差し押さえ始める

愛知県の大村知事のリコール・解職請求に向けた署名の大半が有効と認められなかった問題で、愛知県警察本部は署名が偽造された疑いがあるという県の選挙管理委員会からの告発を受け、各自治体に保管されている署名簿の差し押さえを始めました。

愛知県選挙管理委員会は、大村知事のリコール・解職請求に向けて提出されたおよそ43万5000人分の署名簿の中に、同一人物によって書かれたと疑われるものがあるなど83%が有効と認められず、大量の署名が偽造された疑いがあるとして地方自治法違反の疑いで愛知県警察本部に告発しています。

これを受けて警察は24日から、各自治体の選挙管理委員会に保管されている署名簿の差し押さえを始めました。

このうち名古屋市中川区内で集められたおよそ1万8000人分の署名が保管されている区役所の建物には、午前10時20分すぎ5人の捜査員が入りました。

そしておよそ20分後、署名簿が入った段ボール箱、5箱を運び出していました。

関係者によりますと、24日から3日間かけて県内の各自治体に保管されたすべての署名簿の差し押さえが行われる予定だということです。

警察は今後、署名の筆跡や署名している人物が実在するのかなど押収した署名簿を詳しく調べ、捜査を進める方針です。