東京 青梅の火災 消防や災害派遣の自衛隊ヘリ 放水続く

23日、東京 青梅市で住宅など2棟が全焼し、山林にも燃え広がった火災は、丸一日がたとうとしている現在も消し止められておらず、自衛隊も加わって消火活動が続いています。東京消防庁によりますと、これまでに9万平方メートルを超える山林が焼けたということです。

23日午後1時20分ごろ、青梅市沢井の住宅付近から火が出て木造2階建ての住宅と空き家の2棟が全焼したほか、現場から300メートルほど離れた寺や山林などでも火が出ました。

このうち建物の火は消し止められましたが、山林の火災は丸一日がたとうとしている現在も続いていて、消防のほか、陸上自衛隊のヘリコプターも加わって消火活動が行われています。

東京消防庁によりますと、24日午前5時現在でおよそ9万5000平方メートルが焼けたということです。

一方、住宅などに燃え移るおそれはないとしています。

警視庁によりますと、当時、全焼した住宅に住む男性が庭でたき火をしていたということで、この男性は「水で火を消した後、いったん家の中に入ったが、しばらくするとバチバチという音がして火事に気づいた」と話しているということです。

警視庁は消しきれなかった火が強風にあおられて周囲に広がった可能性があるとみて、原因を詳しく調べています。

陸上自衛隊 ヘリコプターから放水

東京 青梅市での山林火災で、陸上自衛隊は放水活動を行うため、24日朝立川駐屯地のUH1ヘリコプター2機を現場上空に派遣し、放水を始めました。

このあと、千葉県の木更津駐屯地のCH47輸送ヘリコプター4機も現場上空で放水活動を行う予定だということです。