“トランプ氏 キム総書記を大統領専用機に誘った”BBCなど報道

2019年ベトナムで行われた米朝首脳会談のあと、アメリカのトランプ前大統領が、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記に、みずからの大統領専用機に乗って帰国するよう誘っていたと、イギリスのメディアなどが報じました。

アメリカのトランプ前大統領はおととし2月、当時、北朝鮮の朝鮮労働党委員長だったキム・ジョンウン総書記と、ベトナムで2回目の首脳会談を行いました。

イギリスの公共放送BBCは、トランプ前政権の高官の話として、会談が物別れに終わったあと、トランプ前大統領がキム総書記に「あなたが望むなら2時間で家に送っていける」と述べ、みずからの大統領専用機に乗って帰国するよう誘っていたと報じました。

キム総書記は当時、専用列車で2日半以上かけてベトナムに移動していましたが、この誘いを断ったということです。

アメリカのCNNテレビは、トランプ前大統領がこの提案を事前に誰にも相談していなかったとして「独裁者であるキム氏との関係の在り方が改めて厳しく問われることになるだろう」と批判的に伝えています。