韓国軍 脱北者を見落とし 監視カメラなどに8回 警報音も

韓国北東部で今月、北朝鮮との境界を越えて脱北した男性の身柄が確保されましたが、その際、韓国軍はおよそ3時間で合わせて8回、男性の姿を監視カメラなどで捉えていたのに見落としていたことが明らかになり、韓国メディアは軍の警戒態勢がずさんだと批判しています。

韓国北東部カンウォン(江原)道の北朝鮮との軍事境界線の近くで今月16日、20代の男性の身柄が確保され、韓国軍は男性が脱北する目的で潜水服を着て泳いできたとみて調べています。

韓国軍は23日、当時の状況を調査した結果を発表し、それによりますと、韓国側に入った男性の姿は、軍の監視カメラなどによって午前1時ごろからおよそ3時間にわたって合わせて8回捉えられ、モニター室では警報音も鳴ったということですが、いずれも見落としていたということです。

軍が男性を把握したのは午前4時16分ごろで、その後の対応も遅れ、身柄を確保するまでにさらにおよそ3時間かかったということです。

一連の軍の対応をめぐり、ソ・ウク(徐旭)国防相はすでに今月17日に国会で陳謝していますが、韓国メディアは軍の警戒態勢がずさんだと批判しています。