東京 青梅 住宅など約10か所で火災 強風にあおられ広がったか

23日午後、東京 青梅市で住宅など2棟が全焼し、およそ300メートル離れた寺や山林などおよそ10か所で火が出ました。全焼した住宅の庭ではたき火をしていたということで、警視庁は消し切れなかった火が強風にあおられて周囲に広がった可能性があるとみて調べています。

警視庁や消防によりますと、23日午後1時20分ごろ、青梅市沢井で「住宅から火が出ている」と通報があり、木造2階建ての住宅と近くの空き家の2棟が全焼し、住宅に住む60代の男性が煙を吸ってのどに軽いやけどをしました。

この火事の発生からおよそ20分後、北西に300メートルほど離れた寺でも火が出て、寺と隣接する住宅が焼けたほか、近くの山林などでも火が出ました。

警視庁が調べたところ、火災は周辺のおよそ10か所で起きていたということです。

このうち建物の火は消し止められましたが、山林の火災は続いていて、午後6時半時点でおよそ8万平方メートルが焼け、消防車およそ70台が出て日没まで消火活動にあたりました。

23日夜はポンプ車が現場近くで警戒を続け、24日早朝から再び活動を再開する予定だということです。

警視庁によりますと、全焼した家の住民は「庭でたき火をしていて水で消した。しばらくするとバチバチという音がして火事に気付いた」と話しているということで、警視庁は消し切れなかったたき火の火が強風にあおられて周囲に広がった可能性があるとみて調べています。

関東甲信 ほぼ全域に乾燥注意報

気象庁によりますと、23日は東京 青梅市と栃木県足利市を含む関東甲信のほぼ全域に乾燥注意報が出されていました。

また、ところによって風も強まり、青梅市では午後1時20分ごろに9.3メートルの最大瞬間風速を観測していました。