大阪 兵庫 京都の3府県知事 緊急事態宣言解除 国に共同要請へ

来月7日までの緊急事態宣言について、大阪、兵庫、京都の3府県は、知事が会談して足並みをそろえたうえで、国に対し期限を前倒しして解除するよう共同で要請することにしています。

来月7日までの緊急事態宣言をめぐっては、新規の陽性者数や重症患者用の病床の使用率が減少傾向にあることを踏まえ、先週、大阪府が今月いっぱいでの解除を国に要請する方針を決めたのに続き、兵庫県と京都府も22日、それぞれ対策本部会議を開き解除要請を行うことを決めました。

これを受けて、23日午後1時から3府県の知事がオンライン形式で会談し、国に要請する具体的な内容を確認することにしています。

そして、そのあとに西村経済再生担当大臣と会談し、期限を前倒しして解除するよう共同で要請する方針です。

一方、3府県では宣言が解除された場合でも、感染の再拡大を防ぐため飲食店などへの営業時間短縮の要請などは段階的に解除する方針で、このうち兵庫県は営業時間については現在の午後8時から1時間延ばして午後9時までとする方針です。

また、大阪府と京都府は改めて対策本部会議を開いて具体的な措置を決めることにしています。