栃木 野鳥2羽は高病原性の鳥インフル 養鶏場に注意呼びかけ

栃木県内で今月、相次いで死んで見つかった野鳥2羽から検出された鳥インフルエンザウイルスについて、詳しく検査したところ、高病原性だったことがわかり、県は、周辺の養鶏場などに注意を呼びかけています。

栃木県内では、今月15日に死んだハヤブサ1羽が栃木市で、翌日には、死んだフクロウ1羽が那須塩原市でそれぞれ見つかり、県の簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が確認されました。

このため、県は国の研究機関に送って詳しく検査したところ、22日、H5N8型の高病原性と確認されたということです。

県は、2羽の野鳥が見つかった場所から半径10キロ以内で、野鳥の監視を強化しています。

また、周辺の養鶏場などに対して注意を呼びかけるとともに、死んでいる野鳥などを見つけた場合には、素手で触らず、県に通報するよう呼びかけています。