米旅客機部品落下 エンジン内の羽根に破損確認 国家運輸安全委

アメリカで飛行中の旅客機からエンジンの部品が落下したトラブルで、原因を調査しているNTSB=国家運輸安全委員会はエンジン内部の「ファンブレード」と呼ばれる羽根に破損が確認されたと明らかにしました。

アメリカ西部コロラド州デンバーの近郊で20日、飛行中だったユナイテッド航空のボーイング777型機のエンジンが損傷し、住宅地に部品が落下しました。

これについて、原因を調査しているNTSB=国家運輸安全委員会は21日、初期の調査の内容を公表し、旅客機はデンバーの空港を離陸した直後、右のエンジンに問題が生じたとしています。

また、エンジンは吸気口やエンジンを覆う部品がなくなっていたほか、「ファンブレード」と呼ばれる内部の羽根が複数、破損しているのが確認されたということです。

NTSBはエンジンや機体の調査に加えて、乗客が撮影した写真や動画なども分析し、原因の特定を進めることにしています。

今回のトラブルを受けて、FAA=アメリカ連邦航空局は同じ型のエンジンを搭載するボーイング777型機について緊急の点検を行うよう指示する方針です。

FAAによりますと、このエンジンを搭載するボーイング777型機を運航しているのはアメリカと日本、それに韓国の航空会社で、アメリカではユナイテッド航空だけだということで、ユナイテッド航空は該当する24機の運航を停止すると発表しました。

また、ボーイングも21日、声明を出し、当局の調査やエンジンを製造したアメリカのメーカー「プラット・アンド・ホイットニー」による点検に協力していく考えを示しました。

そして、FAAが適切な点検の手順を定めるまで同じ型のエンジンを搭載するボーイング777型機の運航を休止するよう航空会社に呼びかけました。

エンジンの製造メーカー「調査チームを派遣」

エンジンを製造したアメリカのメーカー「プラット・アンド・ホイットニー」も声明を出し、NTSB=国家運輸安全委員会による調査に協力するため、専門のチームを派遣したことを明らかにしました。

そのうえで「エンジンの点検をサポートするため当局と調整を進めており、航空機の安全を守るための取り組みを続けていく」としています。