東京外国為替市場 円相場 小幅な値動き

週明けの22日の東京外国為替市場、円相場は小幅な値動きとなっています。

市場関係者は「アメリカの長期金利が上昇していることから日米の金利差拡大を意識して、円を売って金利の高いドルを買う動きが続いている。ただ、いったん利益を確定するためにドルを売る動きもあり、方向感のでにくい展開だ」と話しています。