“イラン 抜き打ち査察など受け入れ停止 再表明” IAEAが声明

IAEA=国際原子力機関トップの事務局長がイランを訪れ、原子力庁長官らと会談し、イラン側はこれまで認めていた抜き打ち査察などの受け入れを23日から停止すると改めて伝えました。IAEAによる一定の検証活動は最大3か月間、維持されるとしています。

アメリカが経済制裁の解除に応じていないとして、イランがIAEAによる抜き打ち査察などの受け入れを停止する考えを表明したことを受け、IAEAのグロッシ事務局長は、イランを訪れ、21日サレヒ原子力庁長官らと会談しました。

会談後、IAEAが発表した声明によりますと、イラン側は、これまで認めていた抜き打ち査察などの受け入れを23日から停止すると改めて表明したということです。

一方、暫定的な措置として、最大3か月間、IAEAによる一定の検証活動は維持されるとしています。

これについて、イラン原子力庁は、核関連施設での活動を記録したデータを保管し、アメリカの経済制裁が解除された場合には、これをIAEAに提供するものの、制裁が解除されなければ消去すると主張しています。
訪問を終えたグロッシ事務局長は、オーストリアのウィーンの空港で記者団に対し「核施設への査察は減少することになる」と述べました。

IAEAとしては、イラン側から最低限の協力は取り付けた形ですが、IAEAの査察に影響が出るのは避けられず、核開発の実態解明が困難になるおそれが出ています。